特定非営利活動法人 市民活動サポートセンター アンティ多摩

  設立目的・沿革
  非営利活動と事業
  おもな活動内容
  連絡先

  催し一覧
  アンティ多摩で入手でき
  る資料・冊子

アンティ(Aunty)とは
 「アンティ」とは、親しいおばちゃんを呼ぶときに使う言葉。市民活動をしている中で、ちょっと困ったとき・情報が欲しいときなど、多摩地域の市民活動“おばちゃん”に気軽に声をかけてください。
 万能では無いけれど、団体や資料、情報などの小さな交流拠点として活動しています。
 会員として支えてくださる方も募集中です。

アンティ多摩は市民活動の小さな拠点です

まる画像 集会案内 

●アンティ多摩18周年記念集会

市民活動と政治活動と

〜多摩の女性市議が語る〜

チラシが必要な方ははこちらから(PDF)→ チラシ表チラシ裏  

2020年 7月12日(日) 13:30〜16:30

会 場  たましんRISURUホール 5階 6・7会議室

(JR南武線 西国立駅 徒歩7分/中央線 立川駅南口 徒歩10分) 地図はこちら↓  
  

呼びかけ文

 新型コロナウィルス感染症の問題が、いま私たちの暮らし全般に大きな制約や困難をもたらし、とくにそれはこれまで社会的に弱い立場であった人に大きくのしかかっています。
 日々の暮らしの中で直面するさまざまな問題を解決する上で、市町村自治体の役割にはとても大きいものがあります。自治体が私たち1人ひとりの暮らしの必要に応えていくためには、自治体の議会がより多様な視点を持ち、さまざまな、とくに弱い立場の人が必要としていることを把握し、それを政策に反映することが求められます。しかし現状はどうでしょうか?
 今回、市民活動で得られた問題意識から市議会での政治活動を始められた3人の女性の市議の方にお話ししていただきます。それぞれの自治体の中で、社会的に弱い立場の人への施策はどのように取り組まれているのか、議員として気にかけていること、取り組んでいること、活動の中心になっている課題など、コロナ問題に対する対応も含めて、率直に話していただきます。みなさま、ぜひお越しください。

《内 容》お話と交流「市民活動と政治活動と 〜多摩の女性市議が語る〜」
     登壇者 辻 淑子さん(あきる野市議会議員) プロフィール↓
         長谷部豊子さん(国分寺市議会議員) プロフィール↓
         平井 里美さん(狛江市議会議員) プロフィール↓
      それぞれの自治体の中での取り組みなどのお話と意見交換

《その他》・事前予約をお願いします。
     ・会場など変更の場合がありますので、事前にご確認の上お出かけください。
     ・資料代 500円(アンティ多摩会員は無料)

《問合せ・申込み》
      NPO法人市民活動サポートセンター・アンティ多摩
      E-mail:auntytama@nifty.com
      tel:042-540-1663 fax:042-540-1687


【プロフィール】 辻 淑子さん (あきる野市議会議員)

辻 淑子さん 国分寺市生まれ。大学で生物学、教育学を学び、川崎の公立小学校の教員になる。管理教育に疑問を持つ中、タイの農村で逞しく生きる子どもたちの姿に引かれ、教職を離れボランティアとして東北タイに移り住む。教育をテーマにタイとの交流活動を展開。出産を機に生活の拠点を日本に移し、1995年より暮らし始めたあきる野市で「川原で遊ぼう会」を立ち上げ、環境保全活動に取り組む。3.11以後、新たに脱原発の市民活動を始める。市内の母親たちと放射能汚染問題に取り組み、市議会に陳情を出した際、議会に幻滅し、草の根の市議を出すために学習会を始める。2015年10月の補欠選挙で初当選。あきる野市議会議員、2期目。

【プロフィール】 長谷部豊子さん (国分寺市議会議員)

長谷部豊子さん 国分寺市在住28年。1994年、市立本多公民館主催事業に保育室を利用しながら参加。防災を中心に自主グループ活動を14年間行う。本多公民館運営審議会委員を4期半とその後1期半を経験。本多公民館異世代交流地域会議や異世代交流事業に携わる。異世代交流事業について、2010年第60回読売教育賞、地域社会教育活動の優秀賞を頂く。小学校PTA元会長、市立小・中学校PTA連合会元会長。町内会会長。NPO法人国障連喫茶事務局長兼施設長。民生主任児童委員を経験。現在、町会と第二中学校との連携事 業「地域の安全・安心を考える会」の事務局、保護司他。国分寺市議会議員、1期目。

【プロフィール】 平井 里美さん (狛江市議会議員)

平井 里美さん 子育て中に公民館の保育付き連続講座でジェンダーやパレスチナ問題、沖縄の問題などについて学んだことが「自分」と「社会」との関係を変えた。「知らないこと、何もしないことで今の社会を支え、再生産するのは嫌だ」という思いが今の私につながっている。2016年に狛江市長選挙に挑戦、2019年の統一地方選挙では、共に学び合った仲間たちが選挙を支えてくれた。私の足もとはあなたとつながっている。そして、社会と、世界とつながっている。誰かに頼るのではなく、私たち1人ひとりが自らの足で立ち、歩む「地方自治」の実現を目指したい。狛江市議会議員、1期目。


アンティ多摩16周年集会 地図


集会案内はここまで トップに戻る↑  

まる画像 市民活動をサポートします!お気軽にご連絡ください

●市民団体・学会等の事務局機能支援

●NPO法人や一般社団法人などの設立・運営の相談と、運営・活動全般支援

●市民団体の活動報告書など編集・発行・製作支援

 冊子や通信づくりのお手伝いをします。「こんな本や通信やちらしを作りたい」というとき、つくる方のご都合に合わせて、ていねいに進めます。また予算が多くても少なくても、いろいろ工夫し、その願いが形になるようにします。編集などもお手伝いします。

●支援・連携団体の例

 

copyright(C) 2020 アンティ多摩. All rights reserved.